ホーム産業採鉱銅スラリーの移送

銅スラリーの移送

北オーストラリアのある銅採鉱会社は、オーストラリアとニュージーランドのVerderflexペリスタルティックホースポンプの販売会社Global Pumpsに接近しました。同社は、粒子状物質だけでなく非常に腐食しやすい硫酸も含むスラリーのポンプ移送に関する多数の問題に直面しました。

採鉱プロセスには、重量で80%超の固体がしばしば含まれ、特定の重力(SG)2.0以上を持つスラリーを移送することも含まれます。これらのスラリーは必然的に摩耗性が高く、また腐食性があります。Verderflexペリスタルティックホースポンプは、そのようなスラリーをポンプ移送するのに理想的です。その理由は、それが高水準に設計された強化ホースを備え、またスラリー粒子の摩耗性への抵抗力が高いからです。

その銅採鉱会社は、当初少数のVF50モデルを設置し、腐食性スラリーの移送に大きな成功を収めました。同社はVerderflexペリスタルティックホースポンプの性能に大変満足したので、同社のスラリーポンプ移送問題の長期的なソリューションとしてこれらのポンプをさらに多く設置しました。

Verderflexホースポンプは、スラリー移送において非常に効率的であり、危険なスラリーに接触するポンプ主要部分が長寿命のホースであるので、最小のメンテナンスを必要とするだけです。ホースの交換さえも、容易なタスクです。