ホーム産業調合薬と実験室ペリスタルティックポンプによるメサドンの安全なドージング

ペリスタルティックポンプによるメサドンの安全なドージング

英国OEM顧客(MethaMeasure英国株式会社)は、最近、医学調剤システムの突破を理由として、王立製薬協会賞を授与しました。

数年間、監督されたメサドン・ドージング・サービスは、麻薬患者の回復に利用可能です。薬局、リハビリテーション・センターおよび刑務所において利用可能なので、これは、薬剤師、セラピストあるいは刑務所職員の面前でなされた単回投与として、患者がその処方された薬物を毎日受けることを可能にします。この方法は高い確率で成功であることが分かりましたが、調剤メサドンは手作業で比較的高リスク、高価、そして時間消費型の手続きです。

MethaMeasureは、メサドンを迅速かつ自動的に処理する方法を提供することから、この問題に着手します。コンパクトなキャビネットに収容された調剤システムは、初めは指紋によって患者を識別します。つぎに、ポンプは、患者が飲むメサドンの適切な投与量を測定し、記録が自動的に保存されます。

スティーヴン・ディクソンは次のようにコメントします。「薬剤師、医師および処方するクリニックへの衝撃は徐々であったたが深遠でした。システムはメサドン調剤過誤を劇的に減らしました。」

言うまでもなく、投与量の精度およびシステムの信頼性はきわめて重要です。ヒューマンエラーの可能性を減らすことは、システムの重要な利益であり、悪ければ、正しくない投与量が患者にとって致命的になる場合もあります。

この応用技術に選ばれたモデルはVerderflex M500 acでした。これは、売却、薬品注入および凝縮液除去を含む様々な応用技術のための検証記録を備えた頑丈なポンプです。それは、最大730ml/分の流量です。

Verder M500 OEMポンプの内部逆流があると、一般的に±2%の再現性と±2%の計測能力を提供するスリップのない正確なドージングは保証しません。この性能は、度量衡および新薬事法の両方の条項に適合し、したがって、それはMethaMeasureにとっては理想的な選択になります。

いくつかの応用技術の特殊要素は、ポンプを選ぶ際に心に留めておく必要がありました。汚染の回避はもちろん重要なポイントですが、Verder OEMペリスタルティックポンプが特許を取ったシールレス設計をベースにしているので、チューブだけが薬物と接触します。チューブもそれ自体メサドンの酸度に強いために選択されました。また、ポンプ設計の単純性によって、現場でのチューブ交換が簡単かつ迅速に行えるようになりました。

「顧客サービスは、私たちがVerderを選択する際の最重要要因でした」とMethaMeasureのスティーヴン・ディクソンが説明します。「同社は優れています。私たちが完全にすべての関連規則に準拠するまったく新しい製品を開発するのを助けてくれました。同社は、概念から設計と実現すべてにわたって、このプロジェクトを推し進めてくれました。」

MethaMeasureの設置数はこの製品の成功に対する証言になります。スティーヴン・ディクソンは確認します、「製品は現在、英国におけるすべての薬局チェーンにあり、また、さらに300以上の独立店に設置されています。」

参照の提供元:

J Stephen Dickson MRPharmS

General Pharmaceutical Council Reg:2050927 

受賞者:2012年王立製薬協会賞

「薬学のリーダーシップ」

監督者 - Dickson Chemist株式会社

責任者 - MethaMeasure株式会社

アドバイザー - LDN Research Trust

医薬情報 - Prescribe4me.co.uk