ホーム産業採鉱ポンプは原価削減に寄与し、生産を増大させます。

ポンプは原価削減に寄与し、生産を増大させます。

ポンプおよびアクセサリーのサプライヤー、Verder Pumps South Africa (VPSA)は次のように言いいます。VF125ポンプ領域の使用は、プラチナ採鉱における原価削減および生産性の増大に寄与しています。

このことは、VPSAがより高い生産能力のためにシックナー移送ポンプを改良することが必要になったルステンブルクの近くの貴金属生産者のコンセントレータ改良プロジェクトで見られた、とVPSAコンサルタントのダーン・ルーは言います。

改良は、ポンプが高さ30m、距離690mを、比重1.7、流量60 m³/時のスラリーをポンプ移送できるようにすることが可能でありました。これはVPSAがかつて扱ったペリスタルティックポンプでは、最も困難な応用技術だった、と彼は言います。

VF125シックナー・ポンプが費用削減および増産キャパシティーという結果をもたらした、とルーは説明します。

プロセスエンジニアリング会社のDRA(その後Vhumbanani)はプロジェクトエンジニアに指定され、6つのシックナー移送ポンプの設計を助けるためVPSAにアプローチしました。

「市場に出ている他のポンプは、別のポンプ・ステーション(それは鉱山への重要なコストで来て、処理するのに恐らくより多くの時間がかかる)なしではスラリーを移送することができません」と、DRAプロジェクトエンジニアのタイス・ド・ビールが言います。

現在、プラチナ処理プラントにおいて、24基のVF125ポンプが37 kWhで稼働しています。

これらのポンプの設計には、パイプライン中の圧力ビルドアップを減衰させるのを支援するために、脈動緩衝装置の設置が含まれていた、とルーが言います。

ホース中のビルドアップは、平均寿命と生産性能を増大させるように設計されているVerderflexゴムホースの使用により除去されます。Verderflexホースポンプは、タフな操業条件を扱うように設計されています;それらは中断時間を短縮し、維持費を軽減させて、困難なポンプ移送環境で容易な作業と信頼できるソリューションを提供します。

産業機械および装置会社のRobday Rustenburgは、効率的な操業を保証するためにVF125ポンプのメンテナンスを提供した、と彼が結論を下します。