ホーム産業採鉱プラチナ・スラリーのポンプ移送

プラチナ・スラリーのポンプ移送

Verder Pumps SA 株式会社(Pty)は、採鉱を提供する、ルステンブルク領域のほとんどの鉱山に採鉱サプライを提供しています。その中でAngloplatオペレーションは、Waterval Smelterプラントに3つのVF125ポンプで操業しています。Waterval Smelterのエンジニアリング・スペシャリストであるディブ・ド・ヴィリエは、溶解炉工程の変更および信頼できる品質のポンプの必要性に際して、耐久性で名が知られており、またスラリーのポンプ移送のキャパシティの需要に耐えることができるVerderポンプの種類を考慮に入れました。

Verder Pumps SAの技術者との戦略的コンサルテーションの結果、3つのVF125ポンプがプラントに設置されました。トラックからタンクまで濃縮物(SG 1.5)を移送するために使用されるポンプの取り外しは、以前は1時間45分かかりましたが、それが今では20分にまで短縮されました。

最も困難なワーキング(コンディショナー・ポンプ)は1日に10時間稼働し、処理中の高濃度(SG 1.7)スラリーを浮遊状態に保つために循環させます。これによって、スラリーが沈殿するのを防ぎ、詰まりの問題をなくします。関連する移送ポンプは、この高密度スラリーを600m離れたフィルタープラントまで運びます。

2つの移送ポンプは、供給タンカー納品スケジュールを反映して、一般的に1日当たり4~5時間稼働します。たとえポンプが最大90m³/時のキャパシティーがあっても、ポンプは1.7SGで50m³/時に制限されます。

11年間トールベイ溶解炉プラントで働いてきたグレッセ氏は、ホースに関して行う必要がある定期補修だけでも、ポンプはスムーズに稼働していると言います。「私たちはポンプの働きに非常に満足しています」と彼は確認します。

溶解炉のスラリーポンプ移送への需要増加により、ド・ヴィリエは、別のトールベイ・プラントが今年の年末までに実現の可能性が強いことを、Verderに助言しました。

新規のさらに大きなプラントは最初のプラントの2倍のキャパシティがあり、システムフロー率を高めるために6つのVF125ポンプの使用を必要とし、既設プラントの横に構築されました。

さらに、ド・ヴィリエは、Verderのポンプの品質に感心しているので、溶解炉に次の大修理および(または)改造がある時、Verderの範囲のポンプが次の数か月間にわたって現在の競争者のものに取って代わります。

ド・ヴィリエは、Anglo Platinumで働いてきた17年間において、Verderから受けたような優れたサービスは受けたことがないと言います。

「私たちは、Verderからそのような専門的知識および生成物知識を受け取れる非常に幸運な状況にいます。」

「8か月前にプラントの優先的サービス提供者になって以来、プラントは採鉱サプライヤーからの知識をくみ出す音からとてつもない恩恵を受けてきました。」とド・ヴィリエが結論を下します。

さらにVerderからの推奨で、VF100ポンプが、同一事業によるエリア内の最新プラントであるUG2コンセントレータに、最近配送れました。

「これは、特別プラントにおけるVerder領域ポンプの最初のものです。」

そのうちに、「Verder品質のポンプの耐久性がプラントにおいて競争相手の拠点を壊すであろう」とラムは信じています。

60年近くの間、Verderグループは世界中の産業にポンプ移送のソリューションを提供しています。グループは、その高品質製品、革新的テクノロジー、そしてとりわけそれが供給する産業知識でよく知られています。

Verderflex®ペリスタルティック領域で最大のVF125ポンプは、内径125mmのホースであり、最大90m³/時の流動でポンプ移送することができ、また、Waterval Smelterプラントのプラチナ・スラリーなどのポンプ移送タスクの中で最もタフなものにも、きわめて容易に対処できます。