ホーム産業食物と飲料ペリスタルティックポンプによるポンプ移送の成果

ペリスタルティックポンプによるポンプ移送の成果

無害の果物種子さえ、一定のポンプの種類によってはその働きに害を与える場合があります。実際、それらは、果物シャーベットおよびピューレの生産者である。フィンランドのフードプロセッサーPakkasmarja Oyに設置された回転式のローブ・ポンプの没落でした。

あらゆる製品はすべて新鮮な成分から作られますが、果物髄質中の種子は絶えずポンプのローブを摩耗しており、その結果その失敗につながったのです。英国製ペリスタルティックホースポンプによるその取り替えは、生産性を回復しただけでなく、より大きな生産のフレキシビリティを提供しました。

Verderflex VF32ペリスタルティックホースポンプは多くの見地からのこの応用技術に理想的でした:それは、ポンプに強力な自吸能力を与えて、回復においては、強い真空が生まれるまでそれを完全に圧縮して、特別設計のホースに沿って回転するシューを通すことによって、硬い固形物または摩耗性の固形物を浮遊物に含む液体をポンプで移送することができます。

ポンプ移送される生成物は、ポンプの他の部分と接触することなくホース内に完全に含まれています。そして、ポンプには詰まる原因となるバルブや摩耗の原因となる移動部品がないので、Verderflex VF32は、生産ラインの効率またはプラントの信頼性を損なうことなく、そのような粘性流体を移送できるポンプを、Pakkasmarja Oyに提供します。

食品用NBRホースおよび衛生的SMSフランジの組合によって、衛生的なポンプ移送問題の解決策が提供されました。このVerderflex VF32は、周波数可変駆動によって速度をコントロールします。さらに20~2,000 l/時で移送流量を変えるより大きなコントロールを生産工程に加えています。

さらにVerderflexは、ポンプをトロリーに搭載することによりポンプを2重に使用したいというある顧客のリクエストを満たすことができました。したがって、Pakkasmarja Oyは、ポンプが果物髄質をポンプ移送に使用していない時は、積込みホッパーを供給するために、ポンプを生産ラインから包装エリアまで移動させることができます。

最初のVerderflex VF32が成功を収めたので、Pakkasmarja Oyはちょうど今別のVF32ポンプを注文しました。