ホーム産業採鉱プラチナ・スラリーのポンプ移送

プラチナ・スラリーのポンプ移送

南アフリカに位置するバナジウム設備は、チタン磁鉄鉱からバナジウムを獲得しています。チタン磁鉄鉱はa.o.薬品沈殿タンクと多様な容積式および移送ポンプを使用して、多種工程で処理されます。。

バナジウムは、約65種類の鉱物において、また化石燃料鉱脈において自然に生じます。それは、鋼溶解炉スラグ、重油の煙塵から、あるいはウラニウム採鉱の副産物として製作されます。それは主として、高速度工具鋼のような特殊鋼合金を製作するために使用されます。バナジウムは多くの有機体の中に存在し、エンチームの活性中心としていくつかの生命フォームによって使用されます。磁鉄鉱とバナジウムは、ポンプの接液部セクションの中などの処理材料の寿命問題を引き起こす非常に摩耗性の高い組成物です。

鉱石中のすべてのバナジウムがチタン磁鉄鉱中に固形状で生じます。処理の第一段の後、磁鉄鉱濃縮物はバナジウム回復のための従来型焙焼濾過器降水処理に従います。希望する最終生産物品質の獲得。次に、シリカ(SiO2)は処理された磁鉄鉱濃縮物(貴液)から取り除かれます。この処理された磁鉄鉱濃縮物からのバナジウムの析出は、硫酸アンモニウム(NH4)(2SO4)の追加により達成されます。

バナジウム回復過程は、析出後に貧液から硫酸ナトリウム塩を回復するために蒸発プロセスを利用します。この塩は、炭酸ナトリウム・フラックス要件の一部の必要性に取って代わり、キルンに再利用されます。

およそ60%の固形処理で非生産的スラリーをポンプ移送する必要があります。それはいくつかの種類のポンプには高すぎます。流動範囲は約6-8m³/時です。理想的ソリューションはペリスタルティックポンプです。Verderflexのペリスタルティックホースポンプ(ホースだけがポンプの接液部に接していますので、可動部の詰まりや接合部の汚染の可能性はありません)の構造によって、Verderflex VF40ペリスタルティックホースポンプが選ばれました。

Verderflex VF40ポンプは、流量7.5m³/hおよび最大16バールの圧力が可能です。すべてのホースポンプと同じく、唯一の摩耗部品はホース自体であり、メンテナンス時間は最小にできます。

摩耗性採鉱スラリーには、2.0超のスラリーSGの80%超のサブミクロン固形分があります。

「連続的な中断時間に苦しみ、低いプラント性能の高SGスラリーをポンプで送ることができない遠心ポンプとは異り、ホースポンプだけが高水準のプラント・アベイラビリティを維持しつつ、高濃度の流体をポンプ移送することができます。」

最初のVerderflexペリスタルティックポンプが設置されて以来、他のポンプもホースポンプに交換されてきました。Verderflex VFペリスタルティックポンプは、その迅速な保守機能により他の容積式ポンプと比較して、維持するのが非常に簡単です。ホースポンプは乾燥したまま稼働でき、また、回転子設計およびフランジ調整の単純性によって、ポンプは厳しい採鉱応用技術にとって申し分ないものとなっています。それは必要な時に運転でき作動します。