ホーム産業水と廃水ペリスタルティック技術は水中ポンプに代替

ペリスタルティック技術は水中ポンプに代替

Verder社(Verderflexペリスタルティックポンプの米高提携会社)は、その専門知識を駆使して、ノースカロライナの給水と廃水処理プラントにおける長年にわたる問題を解決することができました。

しばしば見落とされてきましたが、信頼できるペリスタルティックポンプは、ゴッドル・クリーク水処理プラントにおいてその価値を再び証明しました。そこでは、水のある井戸から粉末活性炭(PAC)をドージングするそれまで数年間の水中ポンプ使用経験と混ぜ合わせた結果を排除したのです。3本を超える水中ポンプがちょうど1年以上にわたって失敗した後、保守および作業管理部門は1つの選択肢を求めました。

問題はポンプの場所でした:ポンプは、井戸の底からおよそ8メーター上のポンプ室にあり、さらにまた、PACの摩耗特性に抵抗できる必要がありました。そこで、プラントは、解決策の助けを求めてVerder GPMを訪ねました。

ランス・ルブラン(Verder社のカロライナ地域販売部長)は、仕事のための最良のポンプがVerderflexペリスタルティックポンプになるだろうということを認識しました。ペリスタルティックポンプには、ホースまたはチューブ内に移送される生成物がすべて含まれます。次に、ホースは圧縮され、生成物は回転ロータによって押されて進みます。ホースが復元すると、結果として生じる真空によって、多くの生成物が中に引き込まれます。この単純であるが非常に効果的なプロセスによって、高いドージング精度、高い吸い上げ力およびテイ保守費用を備えたポンプという結果がもたらされます。強化ホース内は完全に流体が満たされているので、部分的な詰まりの可能性はなく、唯一の摩耗部品は長寿命のホース自体です。それは迅速かつ簡単に取り替えることができ、中断時間を最小化します。

Verderflexホースポンプは、流動速度コントローラーを使用して、プラントの必要に応じて可変流動ドージングでき、そしてまさにその特性によって、これらのポンプは、PACと石灰のスラリーのような摩耗性の懸濁液を逆止め弁なしで、優しくポンプ移送することができます。

必要とされる流動率、吸込みおよび吐き出し圧力が決まると、Verder GPMは、その15mmの直径天然ゴムホースを備えたVerderflex VF15ホースポンプを選びました。VF15は、最高600 l/時の短時間流動率および最大圧力12バールで375 l/時の連続流動が可能です。高圧ローターおよびVerderflexのユニークな強化ホース技術の使用によって、優れた吸い込み揚程が形成され、必要とされる8メーター揚げが容易に管理できます。

Verderflex VF15ポンプは1年間にわたって設置されてきました。現在、プラントには、何の問題もなく、同じホースで3,700時間も操業しています。

Verderflexは、OEM機器全体で使用される小さな特注チューブ・ポンプから、世界最大の高圧ペリスタルティックホースポンプであるVF125、およびドージングが化学薬品を正確かつ一貫して処理するSCADA制御のSmartチューブポンプにいたるまで、広範囲な多くの処理応用技術用ペリスタルティックポンプを製造しています。

困難な経済時勢において、顧客は、次第に、安くて高度なメンテナンスの選択を目的とした解決策を信頼性があって低コストに所有することを求めています。そして最近の研究は、ますます多くの顧客がペリスタルティック技術を今後使用するだろうということを、示しています。Verder社およびVerderflexは、ペリスタルティックホースとチューブのポンプがもたらし、ほとんどどんな応用技術にも適する広範囲の製品系列を提供するという利益を理解しています。