ホーム産業採鉱ペリスタルティックポンプは鉱水のpHバランス修正において重要な役割

ペリスタルティックポンプは鉱水のpHバランス修正において重要な役割

鉱水pHバランスの修正

非制御工業(採鉱)活動の数十年間後に、給水は深刻な脅威にさらされます。研究によると、平均0.59m/日という驚くほどの率で国の鉱山酸性水レベルが上昇しています。水の状況は、実際、母集団の残存を脅かしています。この問題を解決する中心問題は、水と廃水の処理です。

この記事は、酸性鉱山廃水のpHバランスを修正するためのプロセスの一部として使用されるペリスタルティック・ドージングポンプに注目しています。ウラン廃水処理プラントにおける実施の成功に光をあてています。それは次のことに注目していますがそれに限定してはいません:所有のコスト:プラント性能(プラントの利用性と信頼性);およびドージング精度。

酸性鉱山排水(AMD)の影響は破壊的なもので、環境に対して途方もなく大きく長期的な影響を与えるものです。最近の調査によると、AMDは南アフリカの水質に影響を及ぼすだけでなく、ほんの数例を挙げれば、食用作物に毒性を与え、世界遺産を破壊し、農産物生産を減少させ、それに伴い失業を発生させる原因となっています。

石灰ドージングのためのペリスタルティックポンプ

給水局から調査依頼を受けた専門家によると、現在のAMD問題に対処する際に考慮するべき最も適切な処理法は、南アフリカ科学産業調査評議会によって開発されたABC(アルカリ-バリウム-カルシウム)処理法であり、それは下記ステップから構成されています:

1.石灰および(または)硫化カルシウム前処理

2.硫酸塩除去のためのバリウム処理

3.スラッジ処理。

これは最も総合的な処理であり、これによって、再生水が自然へ戻るように調整されることは確かですが、人間の消費には必ずしも適していません。

ポンプ移送される媒体の性質は、特殊な応用技術のためにポンプを選択することを考慮する場合、重要な要素となります。石灰をポンプ移送する場合、高粘性の媒体によってポンプがしばしば詰まってしまい、メンテナンスにとっては悪夢となります。

ペリスタルティックポンプは、多様な流体を移送するために使用される一種の容積式ポンプです。流体はポンプケーシングの中にはめられたたわみホースの内に入れられます。蠕動と呼ばれる実際のポンプ移送の原理は、食物が体内にポンプ移送されるのと同じ方法でホースの圧縮および緩和を交互に行い、内容物を中へ引きこむことに基づいています。このプロセスによって、毎回投与される液体の均一量と共に、ペリスタルティックポンプは正確なドージングまたは流量調節のポンプになります。pHの修正は非常に特殊なプロセスであり、また、ドージングに使用されるポンプは非常に正確でなければなりません。ペリスタルティックポンプは、それらを利用可能な最も正確な溶液にして、線状流速度特性および優れた再現性を備えています。

それが補強ホース内にすべて含まれているので、移送される液体は、いかなる可動部とも接触しません。回転シューは、ポンプの吸引と吐出側の間の完全なシールを形成するホースに沿って通過していきます。ポンプの回転子が回転するとともに、このシール圧力はホースに沿って移動し、ポンプから遠ざかり、かつ吐出管へ製品を移動させます。圧力が緩められると、真空が形成されて、自吸式メカニズムで生成物をポンプの吸引側に引っ張って行きます。これらの吸引と解除の動きを組み合わせることによって、自給式の容積式ポンプ、すなわちペリスタルティックポンプとなります。ポンプの2つの側面間の完全なシールは、生成物スリップがないことを意味します;ポンプの線形速度流動特性と結び付けられた時、それはペリスタルティックポンプをドージングにとって理想的にします。

さらに、ポンプで移送される液体がホース内に完全に満たされるので、これによってペリスタルティックポンプは、汚染の確率ゼロで環境上安全なポンプ移送ソリューションになります。ホースが唯一の摩耗部品であるので、メンテナンスのための時間が短縮されます。

パルセーション効果は、固体が浮遊液の中にあることを意味します。ホース中のビルドアップは、平均寿命と性能を最大化するように設計されているゴムホースの使用により除去されます。ホースポンプは、最適処理流動を保証し、これらのタフな操業条件を扱えるように設計されています。