ホーム産業印刷および包装ペリスタルティックポンプはインク移送問題を解決

ペリスタルティックポンプはインク移送問題を解決

デンマークに本拠があるPeterson Packagingは、印刷マシン上の貯蔵容器からローラーまでのインク移送問題を経験しています。現在使用されていた空気ダイヤフラム・ポンプは、水性インキを十分に優しく移送することができず、このことは完成品に移送されるインクにバブルが発生するという結果になりました。パッケージングの破壊と廃物の生成と費用の追加

Verderflex Dura15ペリスタルティックポンプは、Peterson Packagingにバブルを生成せずに優しくインクを移送することができるポンプを提供し、限定された利用可能なフロアスペースに設置し、したがって費用効率を高めました。

インクは、ペリスタルティックポンプによって、回転ローラで圧縮されるホース内に完全に満たされます。その後、これはホースを通ってまたはホースに沿ってインクを押し出します。ホースが復元する際に、結果として生じる真空がさらに多くの流体を中に引き込みます。これによって、優しく正確なポンプ移送が形成されます。液体が完全にホース内に満たされるので、汚染または流出の恐れもなくなります。

Verderflex Duraの領域はおそらく利用可能な最先端のペリスタルティックホースポンプです。また、そのユニークな設計によって、同様のポンプと比較して70%の場所しか取りません。これは、5基のポンプを各印刷ラインの端に限定されたスペースに入るように要求したPeterson Packagingにとって、申し分ないものでした。

Peterson Packagingは、Dura15を印画工程の中に設置した結果獲得した利益に大変満足しています。

  • インクにはもはやバブルは発生せず、優しいポンプ移送に感謝しています。
  • インクと接触する唯一の部品がホースなので、洗浄とメンテナンスが非常に簡単です。
  • 色の変更は迅速かつ簡単です。
  • ポンプはまったく損傷なしでドライ運転できます
  • うるさくて高価な空気ダイヤフラム・ポンプより運転がいっそう静かで効率的です。
  • 唯一の摩耗部品がホースなので、中断時間が短縮されます。