ホーム産業印刷および包装製紙業におけるペリスタルティックホースポンプ

製紙業におけるペリスタルティックホースポンプ

製紙プロセスに必要なポンプ応用技術に関してさえも、Verderflexからの高品質および信頼できる産業ホースポンプ・シリーズは、維持費の削減および耐用年数の長さで、個別的に解決策を提示してきました。

Verderflex産業ホースポンプは、例外的に維持費が低く、設置するのが簡単です。それらは世界で最もタフなホースポンプに属し、様々な産業セクターの応用技術において汎用されています。

製紙業における多様な応用技術:

主な製紙業者は、生産の中への移動タンクから生産タンクおよび混合タンクの中へ化学薬品およびペイントをドージングするために、Verderflexポンプを使用しています。流体粘性は、色では20~400mPaであり、密度では1.12kg/dm³です。条件の617l/時の流量は、Verderflex VF25ポンプを使用すれば簡単に達成できます。

正常運転中に、ポンプはドライ運転させる必要がある場合もありますが、これは、他の多くのポンプシステムにとっては一つの問題となります。Verderflexホースポンプは何ら問題なくドライ運転でき、したがって、製紙業者にとっては維持修繕費(もちろん中断時間)を著しく最小化するので、他のポンプと比較しても実利を提供できます。

処理中に、残余部分(例えば繊維物質、充填剤および化学薬品)を含むこともある大量の廃水が生産されます。水処理には水酸化カルシウムの投与が必要であり、それはVerderflexホースポンプの一般的な応用技術です。

流量割合を低くしなければならない時のみ、流体が詰まりやすくなりますので、それはダイヤフラム・ポンプの中断時間とメンテナンスを増大させ、結果的に高い修繕費の原因となります。もう一度言いますが、低保守費のVerderflexホースポンプは完璧な選択肢です。この応用技術に容易に起こる場合がありますが、流体の詰まりが吸い込み側で起きた時、単純にローターの逆作動によって、その問題は解決します。高いドージング精度および頑丈で低い保守工事により、VF25ホースポンプは、この応用技術においてそれ自体がきわめて有能なことを証明しました。

上記の応用技術に違いがあるにもかかわらず、Verderflexホースポンプはその両方の完全な解決策であり、それらの柔軟性を証明しています。