ホーム産業水と廃水Verderflexからの流量調節ポンプ

Verderflexからの流量調節ポンプ

課題

韓国全体に多数のプラントを持つ大手多国籍エレクトロニクス会社は、汚水処理設備における硫酸アルミニウムのドージングのために流量調節ポンプを長年使用しています。

プラント技師は、以下の諸問題の解決策を求めて、ローカルのVerderflexディストリビューターDong=Il Ent社に接近しました。

  • タンク・レベルが低かった時、硫酸アルミニウムの非一貫性ドージング
  • 非計画的保守期間
  • 高い保守費用

Verderflexソリューション

顧客および現地訪問の協議の後、8基の Rapide R2S ペリスタルティックチューブポンプが選択され、既存の流量調節ポンプから取り替えられました。ポンプは、現在、最大1.5バールの吐出圧で78ml/分から1080ml/分の範囲の流量で作動しています。

結果

エンド・ユーザーは今では予測可能なメンテナンス・パターンを経験します。それによってサービス期間は600時間から1000時間に増加されました。これは以前に流量調節ポンプで経験を積んだ処理中断時間を短縮し、保守費の著しい減少をもたらしてきました。

Dong-Il Ent社の販売責任者ジェーソン・バングは、「顧客は、ポンプの極度に単純化した操作とメンテナンスに非常に満足しています。流量調節ポンプの重労働と複雑なメンテナンスと比較すると、チューブがRapide R2Sのスキー靴クランプを使用して変更できる簡単さは、エンド・ユーザーがVerderflex Rapideポンプに取り替えようとする決定した多くの理由のまさに1つです。」