ホーム産業産業バッテリー・プレート・ポンプへの鉛スラリー・ポンプ移送

バッテリー・プレート・ポンプへの鉛スラリー・ポンプ移送

Sermatは、アルゼンチンのバイアブランカ市を本拠地とする自動車市場向けバッテリー工場です。Sermatは、1961年に設立され、確かな製品品質をその目標において、厳格な品質管理基準によってその評判を拡大しました。

製造工程に入ると、同じ品質基準が重要です。したがって、Sermatがバッテリー・プレート・コーティング工程において鉛スラッジを移送するために新しいポンプを必要とした時、それの解決策としてInterpumpおよびVerderflexにたどり着きました。

Verderflexは世界で最もタフなペリスタルティックホースポンプ製造業者であり、SermatはすでにVerderflexのポンプ領域で1つ持っており、2004年以降それを運転して成功を収めています。

Sermatはもともと、この摩耗性スラッジをポンプ移送するためにAir Diaphragmポンプの使用を考えていました。しかし、これらのポンプは簡単に詰まり、頻繁なメンテナンスが必要です。Verderflexペリスタルティックホースポンプには、スラッジと常に接触するシールおよび可動部品がありません。塞がったり詰まったりする物がありません。そして鉛の摩耗特性のために腐食の可能性がある金属部品がありません。ホースが唯一の摩耗部品なので、メンテナンスを必要とするのはポンプただ一つというのが真相です。また、迅速なチューブ交換は、絶対最小値、費用逓減および利益増加とつながる中断時間を維持します。

Sermatが選んだ2つのポンプは、VF15およびVF25であり、それぞれ最大600l/時および2,100 l/時をポンプ移送する能力があります。それらは、ドライ運転することができ、自吸式で性能への衝撃のないスラッジのポンプ可変一貫性を実行することができます。他の種類のポンプが扱えないもの。Sermatは、2010年1月以来、既存ポンプの無故障運転の成功に基づいたプラント拡張のために、新しいDURA25の購入を考えています。