ホーム産業採鉱採鉱コバルトをすすぐホースポンプ

採鉱コバルトをすすぐホースポンプ

コバルトは、セラミックスおよびガラス工業(ピグメントとして)用アロイの生産に使用される非冶金金属です。さらにコバルトは、ペイントおよび漆産業においてもピグメントとして使用されます。

Moroccoはヨーロッパの産業用コバルトの重要なサプライヤーです。生産性と効率を向上させるために、新規プロジェクトが開始されています。市場からの需要についていくために、コバルト採鉱用の施設を増やす必要がありました。

30 Verderflexペリスタルティックホースポンプが、硫酸溶液(30%)およびアンモニア(25%)を貯蔵庫と希釈タンクからいくつかのリアクターおよび処理槽に移送することにより、コバルトを精製する重要な役割を果たします。ペリスタルティックホースポンプはこれらの液体、とりわけ硫酸をポンプで移送し、それによってコバルトをすすぎ、不純物を除去し、さらに鉱石の中のニッケル、鉄、ヒ酸など他の材料からコバルトを分離します。

生産工程中のこの段階は電気分解と呼ばれます。電気分解によって、コバルトが純化されてさらに濃縮されていくことを確認できます。

ペリスタルティックポンプのキャパシティーは、採鉱されたコバルトのpH価に連続的に調整される必要があります。正確な特定量のコバルトのための正確な濃度の硫酸が、このようにポンプで移送されています。この正確なドージングを自動的に行うために、ポンプ速度は周波数制御によってコントロールされます。それはpH計によって駆動されます。

フィルタプレス用給水ポンプ: 

バンド濾過法から残った処理水は、残余部分とともに濾塊になります。流体 -- 酸性および研磨材 -- は収集ボールの中にたまります。遠心機および細粉用の給水ポンプとしてのVerderflexペリスタルティックホースポンプの別の機能は、処理廃水から分離されています。

パイロット・プラント・レベルのテストでは、Verderflexペリスタルティックホースポンプの選択という結果になりました。Verderflexペリスタルティックポンプの単純で非常に強健な構造は、採鉱における苛酷な需要には適しています。