ホーム産業食物と飲料蒸留所はDuraホースポンプを選ぶ

蒸留所はDuraホースポンプを選ぶ

プrミア・ウイスキー・メーカー、シーヴァース・リーガルはペルノリカール・グループの一部ですが、スコットランドのグレンリヴェット蒸留所の水および廃水処理プラントのために、VerderのDura10ポンプを選びました、

VERDERのスコットランド地方セールス・エンジニアであるクレイグ・ボリングは、次のように説明します:

「VERDERの革新的なDuraポンプは、シーヴァスに優れた信頼性およびホース寿命の長さを備えた芸術的ペリスタルティックポンプの状態を提供します。これによって、会社はその処理の中心にDura10を置くことができます。VERDERは、産業についてのその優れた知識で、この分野の顧客に低いメンテナンス料および短い中断時間に対する最良の解決方法を提供します。石灰ドージング応用技術(他の従来のドージング・ポンプが扱うことができない応用技術)に最適であり、Duraポンプの領域にはシーヴァスが確信をもって発注できるための検証済みの実績があります。」

ユアン・フレーザー(シーヴァース・リーガルのエンジニアリングマネージャー)は、なぜ会社がVERDERを選んだかを説明します:

「私たちに低いメンテナンス料の解決策を提示したので、私たちはVERDERのDuraポンプを選びました。私たちはクライアントにまさに最上のものを与えたいのです。また、そうするには、私たちが何を行うかを理解して私たちのニーズに最善の解決策を提供してくれる最良のサプライヤーとともに仕事をしたいのです。」