ホーム産業嫌気性消化とバイオガスペリスタルティックポンプによる嫌気性消化

ペリスタルティックポンプによる嫌気性消化

Anaerobic Digestion with Perstaltic Pumps

高品質の本物のエールを生産するノーフォークに本拠がある有名なビール醸造所は、全国ガス・グリッドへの投入用のバイオガスを生成するために嫌気性消化(AD)設備を設置しました。。

嫌気性消化設備には、社外で集めた廃棄食品、食品処理廃棄物、スーパーマーケット廃棄食品およびビール醸造所廃棄物が供給されます。

有機物は、ローター・チョッパーが原料を分類するプロセスの最初に差し込まれた材料に入れられます。Verderflexペリスタルティックホースポンプは汚物集積タンクから、そしてメインAD設備に入る前に温度を上げるための熱交換器を通して細かく切られたスラリーを移動させました。

熱い有機物質がメインAD設備に入ると、物質の分解を加速し最大化するために、それは、Verderflex Duraポンプによって無機のpHバッファーで頼もしく正確にドージングされます。

大きな塊の有機物は、伝熱面積を最大限にし、かつさらにADプロセスを加速するために一連のパイプを通じて接続されているプラント空間のVerderflexポンプによって「かき回され」、また熱とバイオガスの最も大きな産出を得ます。熱は、熱交換器に戻され再利用されます。

ADプロセスの完成に際して、残滓と廃水は肥料としてさらに使用されるために、Verderflexホースポンプによってタンクからポンプ移送されます。

さらに、バイオガスの最終生産物は、全国ガス・グリッドにいつでも投入されるように、濾過処理されます。

Verdeflexの産業ホースポンプ領域では次のものが扱われます:

  •  ローターで細かく切られた冷たい有機物
  •  暖かい有機物
  • 温かいスラリー
  • 残滓
  • 廃水液
  • エンチームおよび薬品液